ホーム  >  JRCAについて

JRCAについて

ご挨拶

日本カヌー連盟会長成田昌憲

公益社団法人日本カヌー連盟(以下JCF)は、我が国におけるカヌースポーツを代表し統轄する団体で、アジアでは最も古い歴史を有しており、アジア大会においては陸上、水泳に次ぐ大きな種目数を有しています。
我が国においてはオリンピックや世界選手権大会等競技カヌーの強化伸展はもちろん、アジア各国と連携しさらにカヌーをデベロップする国際貢献、国内においても自然の素晴らしさを伝え水辺環境保全推進の理念のもと生涯スポーツとして誰もが享受できるパドルスポーツの普及活動を推進しております。
また加盟団体である日本レクリエーショナルカヌー協会(以下JRCA)と共に、安全なパドルスポーツを普及すべく、JRCAへ『JCF公認インストラクター』の育成事業を委託し啓発活動を進めています。

 

公益社団法人 日本カヌー連盟(JCF)

公益社団法人日本カヌー連盟(JCF)は、カヌー競技の振興を目的とした、日本におけるカヌー競技を統括する内閣府公認団体です。

 
 

設立趣旨

日本レクリエーショナルカヌー協会会長辰野勇

カヌースポーツが、わが国に紹介されすでに久しい時が過ぎています。夏季のオリンピックや国民体育大会で競われる、競技カヌーの分野におけるわが国の技術レベルは、いまや世界の強豪と肩を並べるまでに成長しています。
 一方、競技をしない一般の方々が、余暇を楽しむアウトドアスポーツの手段としても、欠くことのできない存在となり、川や海、湖など、パドルスポーツを楽しむ方法は多様です。
 その楽しみ方は違っても、パドルスポーツを手段として広がるアウトドア活動の領域にあるさまざまな可能性は計り知れません。日本レクリエーショナルカヌー協会は、安全で楽しいパドルスポーツの普及をはかるため、公認の指導員による技術の伝達や安全に対する意識の啓発活動を行っています。

 

日本レクリエーショナルカヌー協会(JRCA)

日本レクリエーショナルカヌー協会(JRCA)は、安全で楽しいパドルスポーツの普及をはかるため、指導者による技術の伝達や安全に対する意識の啓発活動をJCFより委託を受けて行います。

 

このページのトップへ