公認指導員

日本カヌー連盟公認指導員

日本カヌー連盟公認指導員とは、日本カヌー連盟(JCF)がJRCAに委託し、認定される公認資格。
公認指導員は、公認カヌースクールに所属し、指導することができます。
指導員は段階別に3種と検定員レベルに分かれています。

指導員とは

シニア
(川)
運行規定が定める範囲における河川流水での指導資格
(海)
運行規程が定める範囲における海洋ツーリング指導資格
パドルレスキューで再乗艇ができる状況下での指導
ジュニア
基礎技術全般(パドリング、セルフレスキュー)運行規程に定められた流れの穏やかな河川や岸から原則200メートル以内の内水面での指導資格。
トレーニー
16歳以上20歳未満のジュニア資格者。
20歳になった時点でジュニア資格を与えられます。
【受験対象者】

20歳以上(トレーニー16歳以上)で、AHAガイドライン2010準拠の救急救命を修了の方(普通救命講習、MFA・BASIC、日赤救急法など)。
カヌー事業を行う施設指導員の方や、水辺の自然体験活動団体会員、平水面でカヌースクール事業を開業したい・している方など。
シニアは上級救命講習修了が望ましい。

ページの先頭へ

検定指導員とは

イグザミナー
マスター資格取得者で協会理事の推薦で、理事会の過半数の議決により会長が任命する検定官資格。
イグザミナーの所属するAおよびS公認スクールは、協会の承認を得て、各指導員講習会や検定会を実施する。
マスター
より高度で実践的なリスクマネージングが求められる指導。
AおよびS公認スクールのイグザミナーが、その公認校所属シニアを協会事務局に推薦し、会長の承認により任命される。
検定会補助員として、イグザミナーとともに検定会の運営を行う資格。
【推薦対象者】

A・S公認スクールに所属しているシニア以上取得者。
あるいはイグザミナーが推薦する、既に事業を行っている団体のシニア取得者。

ページの先頭へ